土地購入15の落とし穴

知っていただきたいポイントです。
マイホームの購入を検討されている方で土地をお探しの方には、
これだけはチェックしていただきたい内容を15個のポイントでまとめました。
他の不動産業者さんで、ここまでのお話をされる会社さんはないと思います。

totikounyuu.jpg

①水道・・・敷地内に水道管が入ってるか?入っていても口径は?

②ガス・・・都市ガス地域か?プロパンガス地域か?

③排水・・・本下水か浄化槽か?雨水の処理は?

④造成地・・・ミニ開発や分譲地で落とし穴が・・・。

⑤ガケ地・・・敷地がガケに面してないか?

⑥敷地形状・・・同じ坪数でも道路付け、土地の形で・・・。

⑦地目・・・その土地が昔、工場や雑種地だったら・・・。

⑧境界杭・・・40坪だと思っていたのに、測量したら。

⑨周辺状況・・・高圧線・埋設物・お墓等、物件案内だけではわからないことも。

⑩建築条件・・・土地は気に入ったがその業者では気に入った建物が建たない場合は。

⑪校区・・・目前が学校でも・・・

⑫周辺環境・・・工場や飲み屋さん、飛行場等、騒音問題は?

⑬資金計画・・・土地・建物・諸費用を含めた資金計画は?

⑭用途地域・・・30坪の敷地にも素敵な家を建てたい。

⑮道路・・・敷地が道路に面しているか?面していても道幅は?

土地探しの5つのポイント

totisagasi.jpg

ここでは、先程ご説明した15の落とし穴の中で、

皆様に最低限抑えていただきたい内容をまとめました。

私たちは、土地の情報を集め、チェックした上で大切な情報をお伝えし、

皆様に安心しておうちを建てていただきたいと考えています。

是非、これらを抑えた上で、良い土地をお探しください。

写真生活環境
決して土地の利便性だけで決めずに周辺を回って、住んでからのイメージが持てるようになるまで決断は待ちましょう。 ①スーパー・学校・病院等施設 ②家の前の道路状況・騒音 この二つは最低チェックしましょう。

写真インフラ
上下水道、ガス設備は日々の暮らしに欠かせないインフラです。必ず確認しましょう。候補地から埋設されてない場合には本管から使用者が工事をすることとなり場合によって多額の費用がかかります。

写真土地の歴史
家の本当の基礎は、家の基礎を支える地盤です。だから確認を怠ってはいけません。雨の日に現地を調べたり、近隣の人に過去の災害のことを聞くことも大切です。また、実際に家を建てる前には地盤改良を行いましょう。

写真法的規則
土地が前面道路に2m以上接してないと家は建てられないという法律があります。前面道路が4m未満の場合には、建てる時に敷地の一部が利用できていないことになりますので、注意が必要です。また、前面道路が指導の場合は権利関係の確認が必要です。

写真権利関係
契約時には、土地の権利や面積をめぐってトラブルが起こりがちです。そうならないためにも候補地の登記簿は確認する必要があります。この確認を怠れば順位の抵当権や仮差押、予告登記などにより所有権を失うこともあるので注意してください。

totisagasinonagare.jpg

来店
デザイナーズハウス木屋の持ってる土地情報を提供します。

ヒアリング
希望の場所や価格・広さについてお客様の要望をお聞きします。

紹介
お聞きしたご要望をもとに、最適な情報をお客様に紹介します。

現地訪問
現地に行って、周辺環境等もしっかりチェックしましょう。

絞り込み
様々な条件の土地から優先順位をつけて、1つに決めましょう。

建物の相談
建物の価格・土地の総額を考えて決定します。

買い付け
色々な土地の中で1つに絞って業者におさえてもらいましょう。

土地をお探しの方に、お伝えしたいこと

デザイナーズハウス木屋では、たくさんの方々の住宅購入の お手伝いをしてきました。

その中で、これから住宅購入を検討されているお客様に、

「プロ」としてお云えしたいことが2つあります。

これらを理解していただくことで、住宅購入は成功することが出来ると思います。

このポイントは他社を検討されている際でも、是非抑えて頂きたいポイントです。

100manzoku.jpg

不動産の価格はそれ相応に決められており、掘り出し物は、滅多にありません。

大切なことは、土地に対してのお客様自身の優先順位が何かを認識して頂くことです。

デザイナーズハウス木屋でも、今まで多くの方々の夢を実現させて頂きましたが、

全ての要素に100%満足して購入された方など、ほとんどいません。例えば優先順位をつけた結果、

ほとんどが満足いくものであったとしても、それだけ希望の叶う土地というのは

価格もあり得るかもしれませんが、多くの方は限られた予算の中で出来るだけ良いものを

購入されようとします。したがって、皆様の優先順位の中で、

総合的に7~8割満足されたら買い時と判断されることをお勧めします。

不動産という商品は一物一価でして、どれーつとっても同じものはありませんので、

1つの不動産を複数の方々で取り合うということもよく起こります。

ですから、気に入った物件がございましたら、出来るだけ早く手付を打たれて、契約されることをお勧めします。

「しばらく考えるから」とおっしゃるお客様もたくさんいらっしゃいますが、

その間に別の方に抑えられてしまったことがあります。

そうなると せっかく探しに探してゴールが見えてきたのに、また振り出しに戻ってしまいます。

要は不動産という商品は、”取り合い”なので、今検討されている土地は「縁」であると思って頂くことが必要なことがあります。

私たちは、地域で多くの物件を保有しておりますのて 今のお客様に合う土地を必ず紹介できると断言します。 私たちに何でもお話しください。

今すぐ、お問合せ・ご相談はこちらから!